徒然論

独断と偏見の私的理論のため苦情は一切受け付けないけど九条ネギは好き。

第135回【M-1グランプリ2017】

どうしようもない気持ちになったM-1グランプリ2017

私の独断と偏見による見解をまず箇条書きにて。

  • 笑御籤について
  • 敗者復活戦について
  • 決勝進出者について
  • ファイナリストについて

 

笑御籤について

 これに関してはなぜ今までしなかったのかなと思っている。

だって、過去のくじだと敗者復活戦勝者にすこぶる有利なくじだから。

もともと準決勝敗退している人たちが上がってくるのだから

敗者復活戦の勝者が有利になる必要はないと思う。

それにすでに決まっていると緊張感もないし

トップバッターだけがかわいそうな悲劇になるのはなんだかおかしいなと思っていたから。

私はこれからもこれでいいんじゃないかなと思っている。

賛否両論きっとあっただろうけど。平等じゃないかなと思ったり思わなかったり。

錯綜している感もあったけど、これでよかったと思う。

 

敗者復活戦

これに関しては勝者は妥当と言うべきかもしれない。

スーパーマラドーナは1年間たくさん漫才してきたし

まあ…武智さん、漫才とったら罪が重いからあれなんだけども。

 

他の漫才師もおもしろかったし

何より上位に挙がってきたメンバーがうなずけたので

これから頑張ってほしいところです。

 

個人的にはスーパーマラドーナの決勝の漫才は面白かったです。

ちょっとどつきや強い言動を抑えているように感じました。

それは、仕方のないことかもしれないけれど

らしさという意味ではもう少し去年くらいの勢いがほしかったな。

 

決勝進出者

ツイッターにもさらっと描いたのでこちらには深くは語らないようにします。

でも、今回決勝進出者を見てちょっと押しが弱いな、線が弱いなと思いました。

往々にして昔の漫才師と言うのはキャラが濃いしなにより漫才にとげがありました。

それは、仲の悪さやとげとげしい重々しい態度などが出ていたからかもしれません。

 

近年のコンビは同級生や仲良しなコンビが多く

それは男女であっても兄弟であっても仲がいいような気がします。

 

私は仲がいいにこしたことはないし、むしろ仲が悪いというのはデメリットにしかなりません。

 

だから、今回見ていて爆笑の波が少なかったのは

ちょっぴりなあなあになっているからなのか?と思ってしまいました。

 

ジャンルややり方が違うので面白さの好みがわかれるのは同然のことです。

とやかくいうつもりはありませんが、一生懸命の人は好きですとだけ申して終わります。

 

ファイナリスト

和牛のネタとミキのネタはもともと見ていたこともあって

なんというか、あーーーーそれかあーーーーー……という気持ちになった。

もともとミキのネタなんて去年敗者復活戦でやったネタやったし

マジかよ。って思ったけど

それでも。

 

すごく2人が楽しそうにしていたから。

 

 

それでよしかなと思ったりする。

 

 

とろサーモンは苦節ってのもあったし

(個人的には和牛がとってほしかったんだけど)

優勝おめでとうと思います、はい。

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------

 

正直M1自体が年々どうなの?っていうのになってるのもそうだけど

CMがえげつないのが一番いやだったな。

 

なんていうか彩ちゃんも今ちゃんもかわいそうになってくる。

もちろん司会者なんだから仕方がないんだけど。

 

何でもそうやけどCMのあと。とかCMはさんでみたいなので

ひっぱるのはバラエティ番組としてよくないんじゃないかなと。

 

 

 

 

漫才も漫画もなんでもそう。

一生懸命やっている人の邪魔だけはしないでね。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村