徒然論

独断と偏見の私的理論のため苦情は一切受け付けないけど九条ネギは好き。

第127回【メリットデメリット】

メリットデメリットて絶対あると思うんです


付き合っていることのメリットとデメリット。
夫婦でいることのメリットデメリット。
友人でいることのメリットデメリット。

世の中にはたくさんのメリットデメリットがあります。

簡単に言えば価値です。
これはこの価値に値するのか否かということです。


というのも、
ふと新喜劇を見ていたらすっちーが座長になっていた劇でした。
そっかーそういえばすっちー座長なんよなー。
と感慨深いもので

昔は『ビッキーズ』という漫才師のコンビで
ビキビッキーズとあめちゃんを投げるネタのはじまりでした。
私の中学生時代、お笑いにだだハマリしていたころ
とっても人気でよくイラストも描いていたものです…笑


そんなビッキーズも解散してお互いばらばらになった訳ですが
理由を知っているので解散はやむを得ない。と思っておりますが。

 

ここから独断と偏見爆発しますのでご注意くださいね


※色々と思うことはあると思います。申し訳ございません。

 

そもそも『別れる』『離れる』『解散する』ことに対して
本当にそれが最善なのでしょうか。


色々と話し合った結果かと思いますが
どうにも私にはそうは思えません。


というのも、私にはそろそろ結婚を…と言っている彼氏がいますが
付き合って10年になります。

数えきれないほどの喧嘩をして何度も『別れる』という選択を余儀なくされましたが。

別れませんでした。


『それは自分たちが好き同士だからでしょー』とかそんなことを言ってほしいわけではなく。


とてつもなく話あったからです。

 

お互い本当にメリットがあるか、という問いにはお互いに未だに疑問がありますが
少なくとも別れるというメリットがなかったからです。

 


漫才コンビやコント師と言うのは夫婦やカップルと違う。と言う方もいらっしゃるだろうと思いますが
私にとっては全部同じで、一緒に何かをするということは

お互い理解するということだと認識しております。

 

つまり、一緒になったからには何かメリットがあったからで

一緒になにかをしたいと思えたということは

偶然や必然でもなく何か魅力があったからだと思います。

 

 

 

何が言いたいかと言うと

ちょっとしたことでイライラしたとか意見が食い違ったとか

そんなことくらいでメリットをデメリットにしてほしくないんですよ。

 

 

オードリーが先日A-studioに出ていたのを見たのですが

春日が何もできなくて春日会議を開くほどで

本当に解散まで考えたのに若林はとどまったとのこと。

 

鶴瓶さんはそれを『若林が春日を信じたからここまでやってこれたんや』と言っておりました。

 

結局選択肢はたくさんあって

辞めなければいけないという選択肢が決してダメだと言っているのではないです。

 

 

仕事でもそう。

辞めなければいけないくらいでどうあがいても無理な場合は

そこから離れてもいいと思っています。

 

ただ、コンビや夫婦などは自分だけの判断ではできないということ。

相手がいる。

それだけで考えが1つではないということ。

 

 

どうか、組んだ(結婚した)限りにはずっと末永く続きますように

そして、どうか離れる(辞める)という選択だけはいちばん最後で

どうにもならない時だけでありますように。

 

 

 

 

twitterはこちら@chaco_koide

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村