読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然論

独断と偏見の私的理論のため苦情は一切受け付けないけど九条ネギは好き。

第124回【自分らしさ】

上方漫才漫才大賞を見に行きました❣️

 

海原やすよともこさん、上方漫才大賞 おめでとう㊗️

スーパーマラドーナ、奨励賞おめでとう㊗️

トット、新人賞おめでとう㊗️

 

ノミネートの方も千差万別でとってもよかった😂

 

色んな漫才の形があります。

自分にとって好きな笑いを見つけたらいいと思うんです。

 

 

さて。今回は自分らしさってなんだろ

 

というお話をします。

 

私自身、自分らしさを模索し続けて早何年。

未だに分かっていない部分はありますが

唯一いいとこだと思うのはこのタフさだと思います。

凹むことはありますが、自分に凹むだけで担当さんからはともかく、他人から言われた言葉に凹むことはあまりありません。

 

 

ツイッターをしていても、

漫画を描いていても

学校にいても

 

たまに自分ってなにがいいんだろう

と思う方、いると思います。

 

例えば、

 

朝起きてなにをしますか?

 

携帯をいじる

とりあえず起きて着替える

ぐうたらする

うわぁっと叫ぶ

 

とまあ色々ありますよね。

 

それぞれ、性格によってやることが違うことにお気付きですか?

私は何ができるか、不必要なのかという答えはただ一つ。

何もできない人はいないし不必要であるはずがない。

 

仮に時間にキッチリな人であれば

食事の時間さえ決まっているかもしれないし

ぐーたらしてから起きる人でも

食事だけは手を抜かない人かもしれない

 

みんなバラバラです。

 

それが、らしさです。

 

いやいや、たったそれだけやん。

不器用でなにも出来へんねん、私は。

というかた。

 

 

なにも、とはなにでしょう。

 

 

漫画がかけなければ人として不必要ですか?

仕事が出来ないから不必要ですか?

 

ただ、ただ、その人の良さが見えていないだけ。

 

 

すんごい器用かもしれないけど

事務作業しかしていないから分からなかっただけかもしれないし

人見知りだから接客業は向いていないと思ったけどむちゃくちゃ万能かもしれない。

 

んなこと誰も分かんないんですよ😂

 

 

 

漫画のネタもそう。

自分が1番いいたいことを曲げてまでとりあえず作った話はすぐ分かります。

その人がしないような言わないような言葉がバンバン入っています。

 

 

普段から熱くない人が

仕事頑張るぞ!なんて言わないと思うんです(笑)

 

いやいや、頑張れるかいや!

と思うかなと。

 

 

たまに正反対のキャラとして作るのは別ですが‥。

 

 

漫才も同じで

面白いけど、

 

 

面白いけど、、、

 

 

ってときがあります。

多分、別にその漫才師じゃなくていいんだと思います。

 

他の人でもいいやん。

 

そう思われたら終わり。

 

 

 

普通に生活してても。

 

 

 

 

一直線になってしまう人なら

きっと、恋人が出来れば一途でしょうし

飽き性なら色んなものを試すでしょうし

友達作りが苦手ならきっと趣味を見つけると思います。

 

それが、その人らしい選択だ、と私は思います。

 

 

 

まあだからこそ私によく言われるんですよ

 

 

ネガティブになるのはCさんらしくないー

ってね(笑)

 

 

 

分かってますよー‼️

でも、たまに弱音ははかせてね。🙇‍♀️

 

 

 

 

自分らしさ、

 

難しいようで意外と自分の根本にあったりします。

 

たまには自分と向き合ってみては?

 

 

分からない方はご相談あれ(笑)

お話をすると、その人の長所がいえます。

これ、私の得意技です😉なんてね笑