読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然論

独断と偏見の私的理論のため苦情は一切受け付けないけど九条ネギは好き。

第97回【ファンの一部は嫌だ】

ファンちゃうねん、私は。


昔から好きになる人の隣に行きたい
という願望がある。

それは、実際もそうだし芸能人に対しても思うことで。所謂ジャイアンなとこもあったりして。

とにかくファンの一部ではなく
友達の1人ではなく
唯一無二の存在になりたい、と常に思っている。


いやいや、芸能人には思ったらあかんやん。

そう思うかもしれないけれど。

だからと言って
ルール違反をしたいわけでも
迷惑なファンになりたいわけでもない。

じゃあどうするのか。

答えは簡単。
肩書きを作ればいい。


漫画家になって、有名になって、
会えばいいのだ。

漫画家になればそれだけの露出もあるし
職権乱用かもしれないけれど、
ある程度肩書きがあれば口実もつくれる。

じゃあ漫画家になってどうしたいの?

大好きな人たちと対談する。



過去とか、今思うことについて
議論してみたいのだ。


ファンの一部ならきっと
いつもありがとう程度。

そうじゃなくて、
私も対等な立場になりたい。


こいつ、やるやん。
すごいやん。と思われたい。

ただの目立ちたがり笑笑



そのために漫画家になる、
っていうと聞こえが悪いけど
どんな理由で漫画家になろうと関係ない。
漫画家をバカにしているわけじゃない。

ただ、私がやりたいことで
なりたい仕事を肩書きにしたいから。

野心しかない、こんな私を相手にするかしないかは好きな人次第だけれど。

だとしたらまた努力するだけだから



とにかく目標を一つずつこなす。

それだけ、だよね。



にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村