読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然論

独断と偏見の私的理論のため苦情は一切受け付けないけど九条ネギは好き。

第52回【壁】

こんにちは。お久しぶりです、Cです。

最近壁にぶち当たっておりました。 高い高い壁でした。

毎日、ブログを書く!を目標にやってきたのに すぐにこうなってしまう…まだまだ私も甘いですね。

さて、今回はその壁についてお話します。

人生で壁にぶち当たることはしばしば。

ただ私にとって壁にぶち当たることがどんなことか あまりよく分かっておりませんでした。

小学6年生のころいじめにあいましたが それも挫折でも壁でもなく 高校時代青春を全く謳歌しないまま大学にいきましたが それも特に壁とは思いませんでした。

社会人になって荒波にもまれる事・怒られること。 そんなこともへっちゃらでした。

今、ようやく壁が目の前にあるなと分かったのは 前に進めない切迫感があったからです。

それは、漫画だけではなくて仕事でも恋愛でも どうにもならない四面楚歌状態が 一気に押し寄せたからです。

自分にとってそういった気持ちになることは初めてで ああこれを人は壁というのかな…と思った次第です。

ただ、壁があるなら回り道をすればいいし なんなら壊せばいい。

どうにもならない状況でどうするかが問題なのだな 神様は私を試しているんだな!と思いどうにかこの1週間ほど もがいていました。

とりあえず危機は脱出出来たような気がしますが 正直、もう大丈夫。といったものではありません。

超、その場しのぎ。

でも、それでもいいと思うんです。 だって、その場しのぎでもしのいでるんだから。

壁にぶち当たった時、大事なことは どう回避するかを考えることであって

壁と向き合わないという選択をとらないという事だと思います。

ただ、どうにもならない。もう無理だと思ったとき 壁から一度離れてみるだけでも考えることになるのに 向き合わずに諦めてしまう事は考えを放棄してしまっているので それだけはやってほしくないことだなと思います。

死ぬまできっと壁は立ちはだかってくると思うし、 どうにもならなくなることもあると思う。 それは、別に苦ではない。

多分、それは私がドMなのかもしれないけれど(笑)

壁があるから人は成長できる。

そう信じてこれからも挑戦していこうと思います。

ランキングありがとうございます。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

広告を非表示にする