読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然論

独断と偏見の私的理論のため苦情は一切受け付けないけど九条ネギは好き。

第51回【想い考える】

こんばんは。お久しぶりです、Cです。

今日は漫画のお話をします。


昔から画力もなくて絵を描いても下手と言われ
本当に今日までそれでも絵を描いてきたんだな…と思います。


それはひとえに悔しかったからなのかなと思いますが
それでもやっぱり、人と比べては悲しんでいる毎日です。

少女漫画を目指していた頃、
何故か自信があって漫画家になれる!
なんて見栄を張っていた時期でした。

でも、全然伸びなくて

最後まで賞を取れずに終わりました。


泣きながら、泣きながら家に帰りました。



母は『大丈夫。次があるやん』
と励ましてくれましたが、
もう気力すら無くてもぬけの殻でした。

何度も漫画家を諦めようとしても
また絵を描いていて話を考えていて。

手がまっくろになるまでひたすらひたすら絵を描いていたのを今でも覚えています。

ただ、向いていないと分かっていてやっていたから余計辛かった。



自分が自分でなくなる瞬間でした。



何度も何度も諦めて

その度また描いて。




なにやってんだろう。

なんのためにやっているんだろう。


わからなくなる日々でした。

それは未だにそうですが。


ただ、ひとつだけ分かったことがあります。


疑問や不思議は

私の漫画のテーマになるということ。



私にとって、漫画をかくことは
疑問を解決する場所
なのかもしれません。


だから永遠にかきつづける。


そんな気がします。




しんみりした話でしたね。


すみません😅


ではまた次回




にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村