読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然論

独断と偏見の私的理論のため苦情は一切受け付けないけど九条ネギは好き。

第11回【性格うんぬん、なんだそれは。】

こんばんは。Cです。
11回目になりました。


毎日続けていきたい!⇦




今日は性格について


とは言っても、性格が悪いうんぬん という話ではなく。



性格って、ただ、見えているところだけじゃないんだってこと。

しぐさ、こだわり、関わり方。
全部性格なんだということ。

だから、ただ見えているところだけを見たくないな…って思います。


性格が悪い人を好きになれというわけじゃなくて。



難しいな、説明


気が強い人や、いい方がきつい人がいるとして
ぶわっと怒られたときって嫌になったりすると思うんです。
でも、それはきっと今までの環境から形成されたもの。

その人の食べ方が綺麗だったり、
仕事を着実にこなしていたら
また少し見方が変わる気がするんです。


…というと、きっと
じゃあきつい言い方しててもいいってこと?
って思う方もいると思います。

決して、きつい言い方をしていいわけでも仕事さえ出来ればいいわけでもありません。

第一印象で人は決まる といいますからもちろん第一印象は良いにこしたことはありません。


じゃあなんやねんww

という話になりますが。

なにもかもに理由があるということを念頭においてほしい。ということです。

性格の形成は今までの環境です。
環境から人は こうしよう、ああしようと考えます。

いじめられたくないからバリアを張る人もいれば
いじめられてもいいから自分を出す人もいます

それは性格 とひとまとまりにしますが
家族に言われた一言で変えることもあるし
矯正されることもあります。

性格は人生のうちにコロコロ変わります。
変わらないものはきっと信念です。

だからわたしはその人が何故それをしたのか を
考えることにしています。


頭に血が上って考えられないときもしばしばありますが(笑)



綺麗に箸をもつ人。
おいしそうに食べる人。


自然と出るものも性格なんじゃないか。
と私は思います。

だからこそ、相手の好きなところをいうときに

おいしそうに食べる や よく笑う などが入るんだろうなと思います。



色々ぐだぐだ言ってますが
要するに『人にはきっと素敵なところがあり、その人らしさは必ず存在する』ということがいいたいわけです。


馬鹿な考えかもしれませんし
嫌いな人を好きになれとは思いません。

ただ、最初に言っていた
嫌いになるなら必ず理由を見つけてほしい。
ということ。




なんとなく や ブス と言った雑多なものでなく。



私は、雑多な理由でたくさん嫌な想いをしてきました。
でも、その人たちを嫌いにはなりません。


そういう人もいるんだ という理解で。
ただ、私の信念は曲げたくないので
矯正されても無理ですけどね。



ではまた次回



ランキング始めました!⇩

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村