徒然論

独断と偏見の私的理論のため苦情は一切受け付けないけど九条ネギは好き。

第10回【逃げること】

こんばんは。Cです。

本日は 逃げる について。


逃げる、逃避…
良い言葉ではありませんが、悪いとも思いません。
嫌なら逃げればいい。辛いならやらなきゃいい。
私はそう思っています。

無理してやっても得はありません。

逃げられるならとことん逃げたらいいと思います。

犯罪はだめだけど(笑)


いじめられたから引っ越したり、
仕事が嫌だからって退職することに悪はない。

普通に生きて行く分には逃げは必要な手段なのだと思います。



あくまで、普通に生きて行く分には



じゃあ何なら逃げちゃだめなのか。


夢や目標がある人です。

コンテストに出たいのに練習が嫌だからって逃げてても上手くはならない。
貯金したいのに仕事が嫌だからって逃げててもお金は貯まらない。

達成しなければいけないことがあるなら逃げちゃ駄目だと思う。


夢を変えたり、諦めたりするのは別として
どうしても叶えたいならやるべきだと思う。

ただ、酷使しないこと

無理して頑張って倒れたら意味がない。
あくまで自分のキャパシティ内で行うべきだ。


毎度となく言い続けていますが、
そんな私もずっと逃げ続けていました。

練習が大嫌いで、とにかく苦手なものからは
避けて、逃げてきました。

もちろん、後悔はしていません。

でも、今確実にツケがまわってきています。

先日勉強のお話をしましたが
やはり、小さい頃からコツコツと
出来るならやるべきだとは思います。


やって損はないです。


それが要らないものだと判断したなら
無理にやらなくてよし。

でも、やらなきゃいけないことなら
少しの我慢は必要かもしれません。





ランキング始めました!⇩

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村