読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然論

独断と偏見の私的理論のため苦情は一切受け付けないけど九条ネギは好き。

第3回【弱音】

こんばんは。Cです。

夜更新が当たり前になってきています。

時間がなくて。…っていうのはいい訳ですね、すみません。

 

誰も求めてないかもしれないけど

徒然なるままに今回の話題。

弱音 です。

 

基本的にネガティブです。

ポジティブに憧れて書籍をたくさんもっていますが、まるでポジティブになれません。不安といつも背中合わせです。

 

というのも、私には無謀にも夢があります。

その夢は一握りしかなれないもの。

階段を一歩ずつ登ってはいますが、なにぶん遅いです。

周りのみんなは2個飛ばしや3個飛ばしでいきますが、私は一歩が限界です。

 

どうして私が目指しているのか

何故諦められないのか。

たまに途方にくれるときもあります。

 

諦めたらきっと楽になる。

 

何度も諦めようとしたのにその都度声がかかります。

神様から辞めないでと。

 

趣味もあるから別に夢なんか追わなくてもきっと幸せだ。

 

仕事もしてる。彼もいる。別に不自由なことはない。

 

なのに何故か夢をおいかけています。

そこそこいい年で。

 

  • 夢に年齢は関係ない
  • 諦めなければきっと叶う

 

聞き飽きるほど聞いて聞き飽きるほど口にしてきました。

 

内心、本当に叶うのか立証したい気持ちはあります。

 

でももう1人の私は私に問います。

もう、いいんじゃない?

 

それもそう。

それも。

そう。

 

でも。

立ち止まり考える。

 

本当に本当に…いいの?

 

私が辞めたことで誰かに迷惑がかかるわけじゃない。

じゃあ何故立ち止まり悩むのか。

 

後悔だけはしたくない。

多分、どこかでそう思っているから。

 

 

…夢は叶わないから夢なのか。

叶うから夢なのか。

 

 

叶えてみなきゃわからないのか。

 

 

もんもんと考えてまた次回👋

広告を非表示にする