徒然論

独断と偏見の私的理論のため苦情は一切受け付けないけど九条ネギは好き。

第126回【持ち込み行ってまいりました】

京まふ出張編集部行ってまいりました


今年で3回目の京まふ出張編集部。
毎年1社行きたい!ってところがあるので何度も行く私(笑)

色んな人の話が聞きたいっていうのが本音です。


さて、今回は2社行きました。


*ヤングマガジン/ヤングマガジンサードetc..

*講談社新アプリプロジェクト

 

-------------------------------------------------------------------------------

ヤングマガジン/ヤングマガジンサードetc...

・話はまとまってる
・お笑いというジャンルに挑戦したことはすごい
・心意気は買う
・ただちょっとまとまりすぎ
・もう少し青年誌ならコンビ感の話を描いてほしかった
・もったいない
・いいところもあるのにここは広げないの?って思った
・もう少しドロドロしたところがほしい


男性の編集さんでございました。

編集さん「お笑い好きなんですね」
私「大好きです。」
編集さん「僕も大好きです。キングオブコントも決勝決まりましたもんね」
私「はい!見るつもりです」
編集さん「よくこのジャンルに手をつけましたね…難しかったでしょ」
私「あー…関西人なんでいけるとか思って安易に描いてしまったらうなりました。」
編集さん「ですよね。いや、普通にこれを文字に起こすことだけでも難しいですよ。」
私「ですよ…ね…」
編集さん「でも、僕これもう少し掘り下げたらもっといい方向に行けると思いますよ。」
私「そうですかー。」
編集さん「ただ、そうなるともっとキャラを深くしてもっと情報収集してほしいかな。
やっぱり中に入ってる訳ではないと…思うんですけどそうですよね?」
私「あ、はい。入ったことはないです。」
編集さん「ですよね!で、こうなるとやっぱりリアリティがないから情報はいるのかなと。
でも、漫才のところ・・ではなくてもっとほかの人でも共感できるところを救ってあげると
もっといい話というかもっとよかったんじゃないかなーって思います。」
私「なるほど…」
編集さん「こんな感じで大丈夫です?」
私「はい!大丈夫ですー!」


てな感じで30分色々とお話ししてくださいました。
ここでは語れないのですが、10P目のここがすごくいいなと思ったんですが…と
細かくいってもらって。本当にすばらしくいい30分でした。充実しました。

まぁ、名刺はもらえなかったですが…(笑)


そこはあんまり気にしてなくて。とりあえず、その話をどうにかして供養したかったので
説明してもらえてちょっとほっとしてます。

 


----------------------------------------------------------------------------

 講談社新アプリプロジェクト

・絵柄はすごく好感度あります
・嫌われない絵柄
・アプリだとすごく人気が出る絵です。
・話はあっさりしている
・もう少し人間模様が見たかった
・むしろ漫才っているのかな…くらい
・もっとキャラが出ててもいい


女性の編集さんでした。

 

編集さん「…兵庫…ですか。」
私「あ、はい。兵庫です。」
編集さん「私も大阪なんです。」
私「あ、そうなんですか!」
編集さん「やっぱりお笑いって、ね、しみついてますよね。」
私「はい!もともとずっと好きだったので。」
編集さん「そうなんですね~~~うわぁぁでもよくこれ描こうと思いましたね~~。すごい。」
私「はい、無謀ですよね。」
編集さん「いや~~でもこの絵はすごく好感がありますよ。この話もそつがない…けど」
私「…はい。」
編集さん「もうすごし、2人の掛け合いがみたいかなー。だって、9年目で崖っぷちなんですよね。
それならもうちょっと色々喧嘩したりそういうのあってもいいのかなーって。」
私「ですよね…私ドロドロした話好きで。…(と青年誌にいった経緯を話す)」
編集さん「わははは。なぜ、少女漫画って感じですねー!」
私「それ色んな人に言われます・・もう私もそう思います。」
編集さん「ってことは青年誌きてあんまり書かれてはいないんですね。」
私「投稿策はそれで2こめです。」
編集さん「へえーあー…でも描きたい話を今聞いてちょっと分かりましたけど
ゴリゴリの青年誌って感じですね。」
私「あははは…そうです…」
編集さん「ただね。あのーここのアプリもこういうのやるんですけどね
一応この絵柄でこのキャラでもっと描いてみるならいけるんじゃないかなーってのはあります。
どれがいいとかっていうのはちょっと今は分からないんですけどね。」

私「なるほど…へぇ。」

編集さん「うん。だから、もう少しなんかこう…色々とやってみてもいいんじゃないかって感じです。」
私「ありがとうございますー。」

 


てな感じで30分こちらも濃くお話させていただきました。

 


------------------------------------------------------------------


1時間めいいっぱいお話させていただきました。
名刺がうんぬんは今回思ってなかったので。
とりあえず、人の話を聞きたかったという意味ではすごくすごくいいアドバイスをいただきました。
そして、やっぱり自分の考えは間違ってなかった。と思えました。

 

あー…人に見せるの嫌だなーとかちょっと怖い…とかそういう人いると思うんですけど


絶対だめーーーーーーー!!!!!


とにかく不完全でもできてなくてもいいのいいの!絶対見せたほうがいいし
何を言われてもいいから!とにかく人の話をきこう!で、1人じゃなくて何人もに見せて!


あのね、一緒のこと言ってる人もいるけど

全く違う人もいるので!!!!

 

 

今回、絵柄褒められたの初めてだったから

 

今まで漫画描き人生で初めて絵柄褒められたよ。
「嫌われない絵」とか言われたことなかったよ!むしろ下手しか言われたことないし。

今回の人たちは絵柄で下手とは言わなかったし。(下手なんだけど)


で、緊張とかしなくていいから!
私緊張あんまりしないからよく分からないんだけど

緊張して自分らしくなくなるくらいなら変なこといってもいいから
とにかくとにかく自分の思いのたけを話してみて!
それで心意気を買って名刺くださるバージョン私が証明してるから!!!!!!←


本当に名刺がすべてじゃないけど、編集さんだって人だから。
やっぱりどうしようとか考える価値がない。メリットがない!


行くしかない!これ!

 

大事なことは行動あるのみ!後悔より先に出てみてね。

 

さ、ネームしまーーーすっ。

見てくれてありがとうございました!
ご質問はツイッターとかありますんでよければどうぞー!

 

 

@

 

こいでちゃこ

 

 

第125回【持ち込みでの色々とか漫画の色々】

 漫画の色々をお話しします。

あくまで私の持ち込み記録ですのでそこんところあらかじめご了承くださいませ。

初めて持ち込みに行ったのは大学2年生の頃。 少女漫画家志望だった私は『りぼん』『ちゃお』『マーガレット』に行きました。

結果は散々で担当さんがつくとか以前の問題でした。

ボロカスに言われ、3社のうちの1社は『漫画家になれる要素がない。少女漫画はあきらめたほうがいい』とも 言われました。

あまりにも散々だったから途中から笑っていたら見てもらっていた 担当さんに驚かれ「だ、大丈夫ですか?」といわれる始末(笑)

びっくりするくらい傷つかなかったんですよ。

ていうのも3社ともに言われた言葉に一言も返せなかったから。

『どうしてこの漫画を描こうと思ったんですか。』

正直少女漫画家志望時代全然この理由について考えたことがなかったからです。

なんで…ってパッと浮かんだからというか… 絵が描きやすかったから?みたいなね。

もちろんそのあと真面目に怒られたんですが(笑)

それから1年後も行きましたけど 『なかよし』『りぼん』『ちゃお』になっても 言われることは変わりませんでした。

賞もとれなくて、ひっかかりもしない。

あー終わった。もうダメだ。そう思いました。

最後の最後にしよう、と描いた漫画は自分のお話を描きました。 それを『なかよし』だけに絞って持ち込みました。

それが確か大学4年か卒業した時くらいだったかと思います。

たまたま見てくださった担当さんがのちになかよしで担当さんになってくれた訳ですが

『ありのままって感じですごくいいね。』

といってくださった…ところしか私はちゃんと聞いてなかったんです…

よくよく最近メモを読み返してみると 『青年誌のほうが向いてるというか男性をターゲットのほうがいい』と言ってくださっていたのですが …まあ聞いてませんねー私はwwww

それからなかよしに絞って描いてみるもやはりだめ。

…で、もうあきらめかけた時に姉に「あきらめる前にやりたかった青年誌行ってみたら?」と言われ 行くことになり今にいたるのですが…

持ち込みで思ったこと

少女漫画時代 何も説明が出来なかったこと。 どうしてこれを描きたかったのか どういう気持ちで描いたのか 描く意気込み。

…正直まるでなかったです。

少女漫画の絵が描きやすかったからで その時恋をしていたからで 実際、自分以外のことが全く見えていませんでした。

逆に青年誌志望になって行ったもちこみの場所は

・@バンチ(2回行った) ・ヤングジャンプマッグガーデン ・GANMA!

などなど

こちらでは全部漫画の説明も出来ましたし意気込みも言えました。

少女漫画はただただ編集さんの言葉をメモってただうなずくのが精一杯だったのに 青年誌は全く緊張しなかったです。

…慣れてしまったのもあるのかもしれませんが(笑)

青年誌に行ってもボロカスには言われました。

デッサンがよくない。 画力がない。 話選考になってキャラがたってない。 話がまとまりすぎてる

とかとか。

青年誌は「じゃあどうすればよかったですか?」 って聞いたところもあります(笑) こういう風にも思ったんですがこの理由でこちらのストーリーにしましたが どうでしたか?とか未だに担当さんには聞きます。とてもどうでもいい話でも。

凹むことは昔からなかったのですが 正直少女漫画時代は「担当さんについてほしい」「私だけ担当さんついてない!」とか そういう考えだったんじゃないかなと思います。

もちろん、今でも焦ってますが。

凹むことも、悲しむことも、焦ることもなくて。

今出来ることをした。

今出来ることでこれだけできた。というのを全面に話してます。

編集さんだから全部聞かないといけない。うなずかなきゃいけない。と思わなくなりました。 多分、隣で聞いてた別の持ち込みの方は「この人喧嘩腰だな…」て思ってたんじゃないかな…。

出来てないなら次やるしかないし ごちゃごちゃ言うなら黙らせるだけ。

うるさい。黙れ。

そう思って今でも奮闘中でありんすw

あくまで私はですのでね。 無理!この人!って思ったら自分のペースでやってくださいね!

だだ、凹むのだけは絶対なにがなんでもなし!

だって、自分がいいと思って描いてそれを見せて今出来る現状がそうだったんだから 次、頑張ればいいんだもの。

いつも母親に言われる

「次でしょ次。何があたるか何を見てもらえるかわかんないんだから!」

何が当たるか、ほんとわかんないもんですからね!^^

何か気になることあったら詳しくお話しますので(^^)/ ツイッターなりなんなりで教えてくださいませ

C

第124回【自分らしさ】

上方漫才漫才大賞を見に行きました❣️

 

海原やすよともこさん、上方漫才大賞 おめでとう㊗️

スーパーマラドーナ、奨励賞おめでとう㊗️

トット、新人賞おめでとう㊗️

 

ノミネートの方も千差万別でとってもよかった😂

 

色んな漫才の形があります。

自分にとって好きな笑いを見つけたらいいと思うんです。

 

 

さて。今回は自分らしさってなんだろ

 

というお話をします。

 

私自身、自分らしさを模索し続けて早何年。

未だに分かっていない部分はありますが

唯一いいとこだと思うのはこのタフさだと思います。

凹むことはありますが、自分に凹むだけで担当さんからはともかく、他人から言われた言葉に凹むことはあまりありません。

 

 

ツイッターをしていても、

漫画を描いていても

学校にいても

 

たまに自分ってなにがいいんだろう

と思う方、いると思います。

 

例えば、

 

朝起きてなにをしますか?

 

携帯をいじる

とりあえず起きて着替える

ぐうたらする

うわぁっと叫ぶ

 

とまあ色々ありますよね。

 

それぞれ、性格によってやることが違うことにお気付きですか?

私は何ができるか、不必要なのかという答えはただ一つ。

何もできない人はいないし不必要であるはずがない。

 

仮に時間にキッチリな人であれば

食事の時間さえ決まっているかもしれないし

ぐーたらしてから起きる人でも

食事だけは手を抜かない人かもしれない

 

みんなバラバラです。

 

それが、らしさです。

 

いやいや、たったそれだけやん。

不器用でなにも出来へんねん、私は。

というかた。

 

 

なにも、とはなにでしょう。

 

 

漫画がかけなければ人として不必要ですか?

仕事が出来ないから不必要ですか?

 

ただ、ただ、その人の良さが見えていないだけ。

 

 

すんごい器用かもしれないけど

事務作業しかしていないから分からなかっただけかもしれないし

人見知りだから接客業は向いていないと思ったけどむちゃくちゃ万能かもしれない。

 

んなこと誰も分かんないんですよ😂

 

 

 

漫画のネタもそう。

自分が1番いいたいことを曲げてまでとりあえず作った話はすぐ分かります。

その人がしないような言わないような言葉がバンバン入っています。

 

 

普段から熱くない人が

仕事頑張るぞ!なんて言わないと思うんです(笑)

 

いやいや、頑張れるかいや!

と思うかなと。

 

 

たまに正反対のキャラとして作るのは別ですが‥。

 

 

漫才も同じで

面白いけど、

 

 

面白いけど、、、

 

 

ってときがあります。

多分、別にその漫才師じゃなくていいんだと思います。

 

他の人でもいいやん。

 

そう思われたら終わり。

 

 

 

普通に生活してても。

 

 

 

 

一直線になってしまう人なら

きっと、恋人が出来れば一途でしょうし

飽き性なら色んなものを試すでしょうし

友達作りが苦手ならきっと趣味を見つけると思います。

 

それが、その人らしい選択だ、と私は思います。

 

 

 

まあだからこそ私によく言われるんですよ

 

 

ネガティブになるのはCさんらしくないー

ってね(笑)

 

 

 

分かってますよー‼️

でも、たまに弱音ははかせてね。🙇‍♀️

 

 

 

 

自分らしさ、

 

難しいようで意外と自分の根本にあったりします。

 

たまには自分と向き合ってみては?

 

 

分からない方はご相談あれ(笑)

お話をすると、その人の長所がいえます。

これ、私の得意技です😉なんてね笑

 

 

 

 

 

 

 

 

第123回【欲しい本リスト】

今欲しい本がたくさんある

いくつかメモがてらご紹介。


↑生まれて初めて野球選手で好きになった方。
小学生の時、古田さんを見ていました。
尊敬している方の本ですが何故か買うのも恐れ多くて悩み中。


「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 (アスカビジネス)

「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 (アスカビジネス)

↑仕事が早くなりたい。
もっと融通がきける方になりたい。
と、思っているので。


新訳 願えば、かなうエイブラハムの教え―――引き寄せパワーを高める22の実践

新訳 願えば、かなうエイブラハムの教え―――引き寄せパワーを高める22の実践

心身を浄化し、幸せを引き寄せる音瞑想CDブック

心身を浄化し、幸せを引き寄せる音瞑想CDブック

とりあえず、手当たり次第精神世界が欲しい(笑)





にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
↑コイツなにになりたいねんと思ったらクリック

第122回【失敗すると公開処刑】

失敗は成功のもと

とはいうけれど、仕事で失敗すると 盛大に怒られる。

いや、仕事する上において失敗しないように しなければならないのは重々承知。

もちろん、先輩・上司に言われていたことを失敗するのは 聞いていないってことだからそれは怒られてもいいことなんだけど。

人間だれしも失敗はする。

失敗を正当化しているわけではなくて 失敗するような状況に陥っているということを 認識しなければならないと思っている。

たとえばその人だけがずっと仕事をさせられている状況で 失敗してしまったとしたら。

それはそうなっていることに問題がある。

仕事する上において失敗はつきものだし 何度もいうように何度も注意されていることや 誰でもできる初歩的なミスはあってはならないと思う。

でも、失敗した人だけが必ず悪いわけじゃないってことも事実だと思う。

失敗は成功のもと、

これはあながち間違いじゃないと思う。

失敗したその人だけじゃなく そうなっていることも周りはわかる。

あらためて失敗は成長につながると思う。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

第121回【大きな出費】

‥未だに後悔しています。


お題「今日の出来事」



サーフェスを買いました。



1年、2年言っててようやくです(ToT)

だって、、本当に


高いやんwwww





大事なんです。
必要なんです。
ええ、それはもういるんですけどね。





でも、
未だに



うーーーん(笑)














まだ友達になれそうにないねえ🤔👬🤝





にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

第120回【人生はいかほどにも変えられる】

祝120回!!

ありがとうございます。


今日は自分のことをちょこっとお話します。


前にも話したかもしれませんが
私は昔から友人が少ないです。
それは多分、この性格のせいだろうなと
ひしひしと感じていますが、、

昔はこんなに自分の意見をいえず
姉の後ろにいてなんとかやりすごしていました。

言いたいことをいわず
ただ、頷けば生きていける

事を荒立てなければ喧嘩をしなくてすむ

とはいえ、喧嘩はしていましたが(笑)←



でも、とりあえず
小学生の頃から誹謗中傷は当たり前で

ブス
チビ
八方美人
風見鶏
いいかっこしい
お人好し
絵が下手
漫画家になれない

などなど。
とりあえずひとしきり言われていた気がします。
その度、私は 黙って、黙って、とにかく黙り続けました。


下手なんだから仕方がない
ブスなんだから仕方がない

姉の方が出来がいいし頭もよかったから
結局自分がなんのためにいるのか
分かりませんでした。


そんな話を毎回すると
大学で出来た親友にいつも怒られます。



またそんなこと言ってる!
私には必要だから!
と。


ありがたいことに、本当に大学で出会った人はみんないい人です。

こんなに自分を変えてくれたところはありません。

大げさといつも言われますが


高校生までの私をみんな知らないので
本当に幸せなのです。

もちろん、大学でも嫌なことはありましたし
嫌なこともしてきたと思います。

でも、
出会わなければ多分ここまで頑張れなかったなと常々思います。

大学で出会った彼にも感謝です。
いつも侮辱してごめん🙇‍♀️


1番嬉しかったのは
高校生まで言われてきた言葉を
大学に入って一度も言われなかったこと。



高校生時代でよく言われたのは

またあいつ話してる。男好きやな。


‥男とじゃなきゃ趣味が合わなかっただけ。


いいよね、自分は。
ギャルみたいなこと話せて。



じゃあ自分も話しなよ。



あんたが芸大受かるならうちも受かるわ

ほな、行けよ。

エトセトラですよ。




散々言われたけれど、そんな高校までの方々は今や絶縁状態。

見てるのかな、私の動向。
興味ないだろうねーきっと(笑)



本当。人生分からないものです😊

どんだけドン底でもきっと
自分を見てくれる人がいる。

必要としてくれる人がいる。


え?自分、いる?って思うこと
未だにありますが


必要な人のために頑張ります。



にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

👆ありがとうございます😊




お題「わたしの黒歴史」