徒然論

独断と偏見の私的理論のため苦情は一切受け付けないけど九条ネギは好き。

第132回【同士という名の尊敬人】

今日は親友かつ同士の悠木灯ちゃんと月1会でした

 

悠木灯ちゃん は本当に尊敬できる漫画家さん。

語りつくせないが少しだけ語るとしよう。

 

出会いはそう、ぶちゃこいでおなじみの大学時代。

ゆみちゃんのモデルともなった灯つん。(以下ともつんと呼ぶ)

 

初めて会った時から「私、この人と何かあるのだろうな」と

不思議なご縁を感じていました。

多分これはきっと自分が好きという感情だったのだと今は思いますが

当時人を好きになることがなかったため縁があるなあ程度でございました。

 

初めてしゃべったのは

そうともつんの今後の旦那様になる授業の最初でございました。

 

 

「ねえ、なんで猫かぶってるの?」

 

 

「え…|д゚)」

 

衝撃でした。

なぜわかってしまったんだ…

この人はエスパーなのか…

 

と思ったのは一生忘れません。

 

でも、そのおかげで猫をかぶるのをやめました。

 

その後なぜかやんわりご縁が続き卒業してものんびり仲良くさせてもらっていました…

 

 

 

が。卒業後、なぜかこうお互い投稿しただの担当さんがついただの

そういう話をずっとしていると

じゃあランチしよう、じゃあ遊ぼうとなぜか漫画会に発展。

 

 

 

切磋琢磨出来るし本音で話せるし

漫画のこと話せる人なかなかいないし

旦那様のことお互い知ってるしw←

 

 

本当にこの人の才能というのはすごいんですよ。

こういうとこ語彙力ないんだけど!

いや、ほんと、この人は違うよ!光るよ!

私が説明しなくてもいいくらいなんだよ!

いつも私を褒めてくれる優しい人だけど!

いやはや、ほんと、すごい!

 

 

いつか、絶対会社またいでコラボ漫画しようね、ほんと!

頑張る!私も!

 

 

今日はお友達紹介ブログでござんしたw

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

 

 

第131回【ぶちゃこいを終えて※ネタバレと本音注意!】

ぶちゃこい、終わりました。

ぶちゃこいを知らない方はこちら。

www.comico.jp

 

ぶちゃこいを始めたのは2年前のこと。

デスクトップのパソコンを買ってクリスタを買って…

特に慣れもせず勉強もしていないまま私は始めました。

 

 

アップした途端たくさんのコメントといいねを頂きました。

テンションが上がったのもつかの間。

 

誹謗中傷と暴言の嵐。

 

もちろん、応援してくださる方もたくさんいらっしゃったのですが

もう下手だの辞めろだの…結構いらっしゃいました…(笑)

 

フォロワーの中でも(今はフォロワーではありません)結構中傷のコメントやなぜか上から目線のアドバイス

などもあり段々定期的に描くことが嫌になりました。

 

それでもずっとずっと応援してくださる方もいて

本当にそれは力になりましたし、本当に嬉しかったです。

 

全てが悪いことという訳ではないので、そこは本当に感謝していますが

やはり自分にとって誹謗中傷はトラウマでもあったので(これはまたおいおい)

ちょっと絵を描くことに抵抗が生まれたのは事実でありました。

 

 

そもそも、ぶちゃこいの中の人は・・・

もう見てくださった方がいるのでネタバレ致しますが

神崎くんは私の彼でございます。

ずっと彼のことを神崎だと言えずずーーっとそっと閉じておりました。

 

多分、感付いている方もいらっしゃった方と思いますが💦

 

他の親友も本当の親友でございます。

 

 

親友はすごくぶちゃこいを応援してくれました。

頑張ってる。うまくなってるよ。と、ずっと言ってくれたのを今でも感謝しています。

ありがとう。この場を借りて感謝いたします。

 

実際はもっと神崎…というか彼はふらふらしておりました。(笑)

だいぶマイルドに描いたつもりですが、どうかしてるというコメントを

頂いた時に心の奥底で「どうかしてるよね!私もそう思ってた」と思いました←

 

恋愛中は絶賛そんなことは思いませんでしたけどね!

 

 

今はとってもいい人です。

ほんと、色々とあったなぁと。

 

 

で、10年後と描いた理由。

こちらはもうお分かりですよね。

もう、察してください。ノンフィクションだということです。つまり。

 

 

コメントで「10年かかったのは…らしいと思う。」とあって

なんだか、うん。そうなんだよね。と私も思いました。

 

 

 

最終回の終わり方に疑問を持つ人もきっといる中で

私はこれで終わりを望んでいたので

出来て本当によかったです。

 

 

 

最後に

 

もっと色々と描きたい事とかあったんですよ。

感謝したい人を一人ずついって・・・とか

励ましてくれた方へ…とか本当に色々とあったんですけど

それはおいおい言います。

ツイッターとかまたブログで。

 

 

とりあえず、たぶん、いや、続きはたぶんしばらく描かないと思いますが

いつか彼と一緒に何かできたらいいなーとは思っております。

 

10年かかってこれだからまた何かするにしてもかかりそう…www

 

 

本当にありがとうございました!!

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

 

 

 

 

第130回【関西コミティアを終えて】

関西コミティア51でした!

 

今回も青年誌のジャンルで相方のちなつんと一緒に

出させていただきました!

 

去年に引き続き暖かくやさしい雰囲気で始まりました・・・・

 

 

と。

 

言いたかったのですが…

 

 

 

朝ついてそうそう

 

 

「ない」

「ない!」

「私の本がついてなーーーーーーい!!!」

 

とパニック!!!!

 

彼に「とりあえず落ち着いてほかの作業しておこう。遅れてるだけかもやん」

と言われ涙目になりながら作業していると到着

 

「きたあああああああ・・・・!!!!!」

 

 

朝が早すぎた模様です…本当にいつもソワソワするから

やっぱり自宅にしよう…トホホ。

 

 

で。準備。

f:id:positive322:20171001213805j:plain

 

 

 

 

ご来場の皆様、サークルの方すべて本当にお優しい方ばかりで。

本当に本当にうれしかったです。

 

 

去年買っていただいた方で「すごく勉強になりました。」と

言って頂き本当にやってよかったなーと思えました。

(その方、新刊も買ってくださったのでもうなんだ、嬉しすぎて

涙とまんないです…ほんと)

 

 

仕事場のスタッフ様も来ていただいて本当に本当にうれしかったです。

来ていただいただけでも嬉しいのにたくさん買っていただいてもう

なんだ…私はどう還元したらいいのか…(´;ω;`)

 

いつもいつも本当に優しいお二人。

 

ここはきっと見ていないだろうけど。

大好きです。とっても大好き。

優しく時に厳しいお二人。

 

漫画のことをずっと応援してくださっているお二人。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

今回、男性の方が多く購入されました。

今度は接客のうんぬんシリーズにしますので

是非また次会えたらいいなと思います^^

 

 

ちなみに、覚えているのでぜひ来てくださいね!

記憶力はいいほうなので←

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------

今回思ったことは

青年誌でよかったということ。

 

ここ数日すごく悩んでいたので

ああ…自分はこのフィールドでいいんだな

自分がやってきたことは間違っていなかったんだなと思います。

 

関西コミティアが終わりましたので

次は少し自分のやりたいことをやってみようかなと思ってます。

 

 

がっつり青年誌でどうぞこれからもよろしくです^^

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

 

 

第129回【どうしようもない気持ち】

すみません。今日のCは弱音を吐きます

 

こんなCは見たくないって方。

ブラウザバックをお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ええ漫画、ボロカス言われました。

 

ボロカス、っていうと担当さんが悪いみたいな言い方になってしまうんだけど

まあまあ言われてしまって。

 

結局最後は

 

『何が描きたいんですか』

になってしまった訳なんだけど

 

どうしようもなく答えられなくなって

 

全部否定されて

全部やるせなくなって

 

B型の悪いとこなんだけど

 

 

 

 

私が描きたいものが分からなくなって

私じゃなきゃ描けないものが分からなくなって

 

 

そういうのってただの言い訳だし

担当さんが悪い訳じゃないんだよ。

 

それはすごく分かってて。

 

ただ、年齢とか色々と焦る部分があって

正直今頭がパニックになっているってことは事実。

 

仕事も頑張らなきゃ

彼氏とも結婚しなきゃ

 

全部全部頑張らなきゃって思ってて

一つずつ片づけたくてもまるで片づけられなくて

 

性格上、全部遠ざけないと一旦冷静に考えられなくて。

 

究極に追い詰められてる気がしてならない

 

 

 

 

 

誰も悪くないのに

全員がいやになるくらいどうしようもなくなる

 

 

私って必要なのか

 

って問いはずーーーーーーーっとあって

 

 

存在価値がどうしようもなくないし

そんな私を好きだと言ってくれるのが

申し訳なくてたまらない

 

 

 

私の取柄って私のよさって

私の…価値ってなんだろう。

 

 

彼氏に聞いてもアドバイスにもコメントにもならなかったので。

 

誰かもし、そのー暇な人いたら

ツイッターへりぷください……すみません

 

twitter.com

多分今涙腺やばいので号泣すると思います。

 

 

 

 

 

絵柄が好きとか話が好きとか

 

そういってくれる人もいるわけで

ずっと好きって言ってくれるフォロワーさんもいて

本当にそれは嬉しくて

本当に幸せで

 

だからこそ期待を裏切りたくないというか

 

 

ここだけの話好きって言ってくれてる人

ずーーーっと言ってくれてて

本当にうれしいし、同人誌とか全部買ってくれてるし

絵もあげるとたまらなく喜んでくれるし

それは無料じゃなくても私の為に時間やお金を

割いてくれてるってことで

どうしようもなくうれしいわけです。

 

 

 

 

仕事も私がいてよかったといわれると

どうしようもなくうれしいんです。

それは本当にそうなんです。

 

 

 

だからこそ

 

 

この何者か分からないこの今を

ちょっとどうにかしたいなと思っております…

 

 

疲れてるし最近全然業務以外で

買い物とかにもいけてないので

行きたいなと思っております。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

第128回【お金が一番】

タイムイズマネー

何かを犠牲にすれば何かを得る

 

私の場合、時間とプライベートを犠牲にしているので

対価を得ている

 

それがいいか悪いかは私が決めることで

私はこの世の中お金がすべてなので

別にプライベートに遊べなかろうと構わない

仕事している自分が大好きだから

 

 

ビジネスと生活を100%楽しめる!  陰山手帳2018(黒)

ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2018(黒)

 

 

てな訳で、手帳は3年ほど前からビジネス手帳になっている訳だが

これまた本当にいいですよ。

 

別にサクラなわけでもなんでもなくて(笑)

 

ガンチャートや1週間ずつのタイムスケジュールが組め

隣にメモがあるので1週間のメモ描きが出来るし

TODOリストもあります。

 

ただ、1分1秒も無駄にできない人用であり

3日坊主になってしまう人やのーんびりしたい人には不向きです。

本当にこれになってから1日を秒単位で楽しめてます。

 

 

逆にプライベートがまったりしてると時間が無駄だなーと思うこともしばしば。

 

昨日も言ったけどメリットがないことに時間を費やすことほど

無駄なものはないから。

 

 

いつも忙しそうだね、とか

大変だね、って言われるけど

大変でもなんでもなくて毎日とっても楽しい。

 

プライベートなんか別にいらないし

漫画描いて仕事してたら全然幸せ。

 

まあだから正直友人は少ないし誘いもなかなかに少ないけれど。

それでも幸せです。

 

久しぶりに昔の職場から頂いた色紙を見たとき

『影で頑張っているところちゃんと見ていたからね』と

描いてあるのをみた。

 

別に全員に理解されなくてもいい

別に頑張ってないと思われてもいい

 

こうやってそっと思ってくれる人がいてくれるだけで

仕事って楽しいなと思える。

 

 

 

また明日も頑張ります。

 

@

 

こいでちゃこ

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

 

 

第127回【メリットデメリット】

メリットデメリットて絶対あると思うんです


付き合っていることのメリットとデメリット。
夫婦でいることのメリットデメリット。
友人でいることのメリットデメリット。

世の中にはたくさんのメリットデメリットがあります。

簡単に言えば価値です。
これはこの価値に値するのか否かということです。


というのも、
ふと新喜劇を見ていたらすっちーが座長になっていた劇でした。
そっかーそういえばすっちー座長なんよなー。
と感慨深いもので

昔は『ビッキーズ』という漫才師のコンビで
ビキビッキーズとあめちゃんを投げるネタのはじまりでした。
私の中学生時代、お笑いにだだハマリしていたころ
とっても人気でよくイラストも描いていたものです…笑


そんなビッキーズも解散してお互いばらばらになった訳ですが
理由を知っているので解散はやむを得ない。と思っておりますが。

 

ここから独断と偏見爆発しますのでご注意くださいね


※色々と思うことはあると思います。申し訳ございません。

 

そもそも『別れる』『離れる』『解散する』ことに対して
本当にそれが最善なのでしょうか。


色々と話し合った結果かと思いますが
どうにも私にはそうは思えません。


というのも、私にはそろそろ結婚を…と言っている彼氏がいますが
付き合って10年になります。

数えきれないほどの喧嘩をして何度も『別れる』という選択を余儀なくされましたが。

別れませんでした。


『それは自分たちが好き同士だからでしょー』とかそんなことを言ってほしいわけではなく。


とてつもなく話あったからです。

 

お互い本当にメリットがあるか、という問いにはお互いに未だに疑問がありますが
少なくとも別れるというメリットがなかったからです。

 


漫才コンビやコント師と言うのは夫婦やカップルと違う。と言う方もいらっしゃるだろうと思いますが
私にとっては全部同じで、一緒に何かをするということは

お互い理解するということだと認識しております。

 

つまり、一緒になったからには何かメリットがあったからで

一緒になにかをしたいと思えたということは

偶然や必然でもなく何か魅力があったからだと思います。

 

 

 

何が言いたいかと言うと

ちょっとしたことでイライラしたとか意見が食い違ったとか

そんなことくらいでメリットをデメリットにしてほしくないんですよ。

 

 

オードリーが先日A-studioに出ていたのを見たのですが

春日が何もできなくて春日会議を開くほどで

本当に解散まで考えたのに若林はとどまったとのこと。

 

鶴瓶さんはそれを『若林が春日を信じたからここまでやってこれたんや』と言っておりました。

 

結局選択肢はたくさんあって

辞めなければいけないという選択肢が決してダメだと言っているのではないです。

 

 

仕事でもそう。

辞めなければいけないくらいでどうあがいても無理な場合は

そこから離れてもいいと思っています。

 

ただ、コンビや夫婦などは自分だけの判断ではできないということ。

相手がいる。

それだけで考えが1つではないということ。

 

 

どうか、組んだ(結婚した)限りにはずっと末永く続きますように

そして、どうか離れる(辞める)という選択だけはいちばん最後で

どうにもならない時だけでありますように。

 

 

 

 

twitterはこちら@chaco_koide

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

 

第126回【持ち込み行ってまいりました】

京まふ出張編集部行ってまいりました


今年で3回目の京まふ出張編集部。
毎年1社行きたい!ってところがあるので何度も行く私(笑)

色んな人の話が聞きたいっていうのが本音です。


さて、今回は2社行きました。


*ヤングマガジン/ヤングマガジンサードetc..

*講談社新アプリプロジェクト

 

-------------------------------------------------------------------------------

ヤングマガジン/ヤングマガジンサードetc...

・話はまとまってる
・お笑いというジャンルに挑戦したことはすごい
・心意気は買う
・ただちょっとまとまりすぎ
・もう少し青年誌ならコンビ感の話を描いてほしかった
・もったいない
・いいところもあるのにここは広げないの?って思った
・もう少しドロドロしたところがほしい


男性の編集さんでございました。

編集さん「お笑い好きなんですね」
私「大好きです。」
編集さん「僕も大好きです。キングオブコントも決勝決まりましたもんね」
私「はい!見るつもりです」
編集さん「よくこのジャンルに手をつけましたね…難しかったでしょ」
私「あー…関西人なんでいけるとか思って安易に描いてしまったらうなりました。」
編集さん「ですよね。いや、普通にこれを文字に起こすことだけでも難しいですよ。」
私「ですよ…ね…」
編集さん「でも、僕これもう少し掘り下げたらもっといい方向に行けると思いますよ。」
私「そうですかー。」
編集さん「ただ、そうなるともっとキャラを深くしてもっと情報収集してほしいかな。
やっぱり中に入ってる訳ではないと…思うんですけどそうですよね?」
私「あ、はい。入ったことはないです。」
編集さん「ですよね!で、こうなるとやっぱりリアリティがないから情報はいるのかなと。
でも、漫才のところ・・ではなくてもっとほかの人でも共感できるところを救ってあげると
もっといい話というかもっとよかったんじゃないかなーって思います。」
私「なるほど…」
編集さん「こんな感じで大丈夫です?」
私「はい!大丈夫ですー!」


てな感じで30分色々とお話ししてくださいました。
ここでは語れないのですが、10P目のここがすごくいいなと思ったんですが…と
細かくいってもらって。本当にすばらしくいい30分でした。充実しました。

まぁ、名刺はもらえなかったですが…(笑)


そこはあんまり気にしてなくて。とりあえず、その話をどうにかして供養したかったので
説明してもらえてちょっとほっとしてます。

 


----------------------------------------------------------------------------

 講談社新アプリプロジェクト

・絵柄はすごく好感度あります
・嫌われない絵柄
・アプリだとすごく人気が出る絵です。
・話はあっさりしている
・もう少し人間模様が見たかった
・むしろ漫才っているのかな…くらい
・もっとキャラが出ててもいい


女性の編集さんでした。

 

編集さん「…兵庫…ですか。」
私「あ、はい。兵庫です。」
編集さん「私も大阪なんです。」
私「あ、そうなんですか!」
編集さん「やっぱりお笑いって、ね、しみついてますよね。」
私「はい!もともとずっと好きだったので。」
編集さん「そうなんですね~~~うわぁぁでもよくこれ描こうと思いましたね~~。すごい。」
私「はい、無謀ですよね。」
編集さん「いや~~でもこの絵はすごく好感がありますよ。この話もそつがない…けど」
私「…はい。」
編集さん「もうすごし、2人の掛け合いがみたいかなー。だって、9年目で崖っぷちなんですよね。
それならもうちょっと色々喧嘩したりそういうのあってもいいのかなーって。」
私「ですよね…私ドロドロした話好きで。…(と青年誌にいった経緯を話す)」
編集さん「わははは。なぜ、少女漫画って感じですねー!」
私「それ色んな人に言われます・・もう私もそう思います。」
編集さん「ってことは青年誌きてあんまり書かれてはいないんですね。」
私「投稿策はそれで2こめです。」
編集さん「へえーあー…でも描きたい話を今聞いてちょっと分かりましたけど
ゴリゴリの青年誌って感じですね。」
私「あははは…そうです…」
編集さん「ただね。あのーここのアプリもこういうのやるんですけどね
一応この絵柄でこのキャラでもっと描いてみるならいけるんじゃないかなーってのはあります。
どれがいいとかっていうのはちょっと今は分からないんですけどね。」

私「なるほど…へぇ。」

編集さん「うん。だから、もう少しなんかこう…色々とやってみてもいいんじゃないかって感じです。」
私「ありがとうございますー。」

 


てな感じで30分こちらも濃くお話させていただきました。

 


------------------------------------------------------------------


1時間めいいっぱいお話させていただきました。
名刺がうんぬんは今回思ってなかったので。
とりあえず、人の話を聞きたかったという意味ではすごくすごくいいアドバイスをいただきました。
そして、やっぱり自分の考えは間違ってなかった。と思えました。

 

あー…人に見せるの嫌だなーとかちょっと怖い…とかそういう人いると思うんですけど


絶対だめーーーーーーー!!!!!


とにかく不完全でもできてなくてもいいのいいの!絶対見せたほうがいいし
何を言われてもいいから!とにかく人の話をきこう!で、1人じゃなくて何人もに見せて!


あのね、一緒のこと言ってる人もいるけど

全く違う人もいるので!!!!

 

 

今回、絵柄褒められたの初めてだったから

 

今まで漫画描き人生で初めて絵柄褒められたよ。
「嫌われない絵」とか言われたことなかったよ!むしろ下手しか言われたことないし。

今回の人たちは絵柄で下手とは言わなかったし。(下手なんだけど)


で、緊張とかしなくていいから!
私緊張あんまりしないからよく分からないんだけど

緊張して自分らしくなくなるくらいなら変なこといってもいいから
とにかくとにかく自分の思いのたけを話してみて!
それで心意気を買って名刺くださるバージョン私が証明してるから!!!!!!←


本当に名刺がすべてじゃないけど、編集さんだって人だから。
やっぱりどうしようとか考える価値がない。メリットがない!


行くしかない!これ!

 

大事なことは行動あるのみ!後悔より先に出てみてね。

 

さ、ネームしまーーーすっ。

見てくれてありがとうございました!
ご質問はツイッターとかありますんでよければどうぞー!

 

 

@

 

こいでちゃこ